フラット35のaプランとBプランとは?

フラット35は審査が通り易いと聞きますが、実際、雇用形態が非正規やパート扱いでも、返済額が年収の30%以下であれば通ることが多いと言います。
長期固定金利で借りることが出来るローンの上、融資資格が緩やかなのは助かりますね。
また、最近は金利の引き下げによって、フラット35の金利が1%前半にまでなっています。
これなら、金利変動に強いフラット35で借り入れしておくと、低金利がずっと続くので安心です。
更に、フラット35Sというものであれば、借り入れ当初の10年金利の引き下げがあるaプラン、5年間引き下げがあるBプランを選ぶとかなり低い金利が可能になります。
SBIモーゲージでは、1%を遙かに割るような低金利を打ち出しています。